葬式までの流れとマナーについて

病院で亡くなる場合は医師がご臨終ですといった後から、自宅で亡くなった場合は医師に死亡を確認しに来てもらった後から葬式をお願いする会社に連絡を入れます。その後、故人を式場へと搬送して数日間安置させてもらいます。それから、喪主と担当者で式について相談し日どりや流れなどを決定します。相談が終わったら納棺し、通夜と葬儀を行います。次に、出棺し火葬して一通り終了します。葬儀が終わってから親戚などで食事会を開く場合もあります。葬式をする時にはいくつかのマナーがあり、これを守る必要があります。男性は基本的にはブラックスーツを身に付け、女性は和装か洋装のどちらかの正装を身に付けて式に参加します。大学に入学する前の子供は制服を着用し、学校に行っていない人や制服がない人は高校を卒業する位の年齢までは白シャツに黒などの地味な色を合わせた服を着用します。

葬式に参列する際の服装について

年齢が上がるにつれて会社などの様々な付き合いが増えてくるので、それに伴ってあらゆる冠婚葬祭に出席しなければならない機会も増えて来ます。特に、葬式については故人や遺族の方々、関係者の方々に失礼のないように気を付けた方が良いでしょう。では、どのような服装で参列をすれば良いのでしょうか。まず男性の場合は、黒色のスーツやダークスーツを着用しましょう。勤務先からそのまま葬儀に駆けつけなければならない時には、靴下とネクタイの色を黒に変更すれば問題はありません。そして女性の場合は、黒色や地味な色(濃い灰色など)のスーツやワンピース、アンサンブルを着用し、ストッキングも黒色に揃えましょう。和装を選択する場合は、こちらもまた地味な色合いの無地の着物に黒帯を使用しなければなりません。葬儀は、あらゆる人々が集まる場です。葬式の服装についてのマナーをしっかりと理解して、社会人として恥ずかしくないように準備をしておきましょう。

葬式の際のマナーについて

社会人になると葬式に出席をする機会が増えますが、その注意点についてきちんと把握をしておかないと、自分だけではなく家族や会社の人達にも恥をかかせてしまう事になりかねません。この行動はNG、というパターンをしっかりと理解をしておくのが望ましいと言えます。まず、急に訃報を知らされ、弔問の準備の時間を十分に確保出来ない時もあります。その際は、カジュアルすぎないように気を付ければ、スーツでなくても大丈夫です。ただし、色は黒や灰色、濃紺などを選ぶようにして、履物でブーツやサンダルは使用しないようにしなければなりません。さらに、注意しなければならないのは服装だけではありません。身だしなみや持ち物にもマナーがあります。一つは、葬儀の場ではお香が焚かれているので、香水をつけていく事は大変なマナー違反なので、気を付けるようにしましょう。また、携帯電話の電源は切っておくようにしましょう。読経の時に着信音が鳴ってしまうなどはもってのほかです。正しいマナーを理解して、急に葬儀に出席しなければならない時でも恥をかかないようにしておきたいですね。