現代の葬式のかたちは、安い

昔の葬式のイメージでいきますと、何百万コースだから健康な内からお金を貯蓄していないと駄目だと考えてしまいます。しかし、今の時代は、そんな事は無いです。結婚式もそうですが、お金が無くても式は行えます。決して地味な式だとは想われないので、安心して良いです。ただ呼ぶ人数が少ない人の葬儀の方が、得をする事がある様になりました。それは、人数が少ない家族だけで葬儀を行う家族葬があります。その他にも火葬のみですと、10万円もかからずに数万円で済みます。きちんと式の一通りをやりたい方でも百万もいかずに30万円位で済みます。それと大きく昔と違うのは、何日もかけて行われていた葬儀が、1日で凝縮して通夜・告別式・火葬・初七日をやる事が出来ますので、それも現代の葬式のやり方の魅力にもなっています。遠方から来られる方にしてみれば、初七日もその1日で終わらせてくれるので、有り難いと感じる人が多いです。

お葬式の時の服装について

お葬式の時の服装についてですが、喪家側は正式礼葬が基本でした。しかし最近は、男性は略礼装のブラックスーツを着て、通夜、葬儀、告別式に臨むことが、ほとんどです。女性の場合は、通夜に洋装の正式礼葬を着て、葬儀・告別式は、和装の正式礼葬に着替えるのが一般的ですが、最近は、争議も告別式も洋装の人が多くなっています。男性のシャツは白無地、黒ネクタイ、シングルかダブルのブラックスーツ、アクセサリーや時計もつけずカウスボタンは、つけるなら黒です。ネクタイピンも付けません。裾ハシングルが良く、靴下は黒無地です。女性の洋装の場合、髪はすっきりまとめ、なるべく髪飾りはつけず、アクセサリーは、涙を現す白真珠以外はつけません。シンプルな化粧でマニキュアはしてはいけません。上着は長そで、スカートの竹も眺めが良く、ストッキングは、黒でラメが入っていない物を身につけましょう。靴やバッグは黒の布製、り血ハオーソドックスなデザインでヒーリは3cmから5cmまでのものがいいでしょう。

気を付けるべき葬式のマナーについて

葬式に参列をするにあたって、数点の注意事項があります。これらは遺族の方々に対しても故人に対しても非常に失礼にあたるので、どのような行為がNGマナーなのかをきちんと知っておきましょう。まず、葬儀の開始時間には必ず間に合うようにしましょう。遅刻をして読経の最中などに着席をしてしまうと、場の雰囲気を乱す事にも繋がります。万が一やむを得ず遅刻をしてしまった時には、お詫びを伝えた上でご焼香をさせてもらうと良いでしょう。次にお香典についてですが、新札を使うのはNGマナーです。結婚式では新札を使いますが、葬儀で新札を使う事は、昔からの考え方で「あらかじめ死を予期して新札を用意した」とみなされてしまうのだそうです。だからと言ってあまりにも汚いお札を使うのももちろんNGです。気を付けておきましょう。葬式は遺族の方を労わり故人を偲ぶ神聖な場所です。失礼な態度を取ることのないようにマナーを今一度確認しておくと良いですね。