葬式における式場でのマナーについて

現在、「葬式」というと故人の自宅ではなく葬儀場で執り行う場合が多いようです。参列するにあたって、いくつかの注意点があるので、それらに気を付けてから出席をしなければなりません。まず、定刻に間に合うように葬儀場に到着するようにしましょう。やむを得ない場合は仕方がありませんが、遅刻をして場内に入ると、読経などの妨げになりかねません。事情があって遅刻をしてしまった場合は、お詫びを述べてからご焼香をさせてもらうようにして下さい。次に、葬儀の場では特別に親しい間柄でない限り、遺族の方々に直接挨拶をするのは控えましょう。葬儀に参列をしているという事実が、弔意としてご遺族にはきちんと伝わっているので心配はいりません。また、最もNGだとされるのが、遺族の方に故人が亡くなった経緯について聞く事です。これは遺族の方々の悲しみを増長しかねない、大変失礼な行為なので絶対にやめましょう。故人が亡くなって最も辛いのは、言うまでもなく遺族の方々です。労りの気持ちを持って、失礼のない態度で参列をするようにしましょう。

リーズナブルなプランの葬式

昔は遠い親戚やあまり知らない仕事関係の人などが来る葬式が主流で、葬儀会場も広く豪華な祭壇があることから費用もかなり高いものが多かったといえます。高齢化社会になったことで葬儀会社もどんどん増えていき、葬儀会社のプランというのもかなりリーズナブルでシンプルになっていっています。今は家族葬という葬式プランが主流になっており、今までよりも半額に近い費用で行う事ができるようになりました。リーズナブルな費用でできるメリットとしては残された家族の負担が軽減されること、そしてシンプルなプランになったメリットとしては親しい人たちだけが集まれる葬式になったことです。家族葬では少人数で行うプランになり無駄な飾りなどをなくすことで、余計な費用を支払わなくて済むので残された家族にとって経済的にも安心のプランになっています。

葬式、人生最後のイベント

葬式、それは故人を見送るためのお別れの儀式でもありますし故人にとっては人生最後のイベントであるとも言えますよね。自分の人生の最後のイベントを自分でオーガナイズしたいと言う人が最近増えてきています。しかししっかり遺言に残したり、書類にして残しておかないとなかなか希望通りにはいかないようです。故人が密葬を望んでも、社会的な立場が高かったりした場合は実現が難しい場合もあるようですね。しかし故人の意志は反映されるべきものですね。自分好みの葬式をしたい場合は、やはり日頃から家族と話し合っておく、遺影の準備はしておく事が必要です。余命が知らされている場合ならともかく、健康に問題のない人がこれらを考えると言うのはちょっと難しいかもしれませんが、突然訪れる死というものも確実に存在するので、どうしても自分の葬式にこだわりたい人はエンディングノートをつけておくことをおすすめします。